眼瞼の手術(眼瞼下垂)

  • ホーム > 
  • 眼瞼の手術(眼瞼下垂)

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

  • 正常な目
    正常な目
  • 眼瞼下垂
    眼瞼下垂

上眼瞼(うわまぶた)を上へ引き上げる筋肉の力がうまく伝わらず、まぶたが下方に垂れて開けにくくなる状態は、眼瞼下垂と呼ばれています。眼瞼下垂の程度は上眼瞼縁の位置により3段階に分けられています。上眼瞼縁が瞳孔より上であれば軽度下垂、上眼瞼縁が瞳孔中心線より上であれば中等度下垂、上眼瞼縁が瞳孔中心線より下であれば重度下垂となります。

原因はさまざまですが、視界が制限されることで、まぶたを開こうと無意識に眉毛を引き上げていたり、顎を上げる癖ができ、頭痛や肩こりにつながることもあります。

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂の原因には、先天的なものと後天的なものがあり、その他の原因によるものもあります。

1先天眼瞼下垂
上眼瞼拳筋(じょうがんけんきょきん)というまぶたを上げる筋肉の力が生まれつき弱いことで起こります。
2後天眼瞼下垂
高齢者に多い眼瞼下垂です。まぶたを挙げる筋肉の作用が弱まったり、筋肉の働きを伝える腱膜がまぶたの形を整える瞼板(けんばん)から外れることで筋力が瞼板に充分に伝わらないなど、加齢による原因がほとんどです。
3その他
動眼神経麻痺によるもの、外傷や白内障手術や緑内障手術などの内眼手術後に発症するもの、重症筋無力症やホルネル症候群などの疾患によるもの、コンタクトレンズが原因となっているものなどがあります。

眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂の治療は、日帰り手術が可能です。弛んでいる上眼瞼挙筋と瞼板筋を同時に縫い縮める手術や、外れている挙筋腱膜を瞼板に縫い付ける手術があります。加齢により皮膚が垂れ下がっている場合でも、筋力に問題がなければ余分な皮膚を切除して縫合するだけの手術も可能です。

手術では炭酸ガスレーザーを使用しています。これは通常のメスでの手術に比べ、出血量が少なく、皮膚への負担も少なくなっており、手術後の腫れを軽減し、治りも早くなります。

よく誤解されている方が多いのですが、眼瞼下垂手術は美容目的ではなく、あくまでも治療を目的とした手術です。そのため、美容上のご満足を優先させたい方にはおすすめできません。

日帰り眼瞼下垂手術

局所麻酔で手術を行います。手術自体の所要時間は通常、片目で15~20分程度となります。
患者様の眼瞼下垂はそれぞれ全く状態が異なりますので、実際の診療ではお一人おひとりに合わせた内容をしっかりご説明しています。

手術後の注意点

手術後には、まぶたにガーゼを付けます。視界が少し狭くなりますが、眼帯と違い両眼を同時に手術した場合にも日常生活に問題がありません。

手術当日は、短時間で首から下にシャワーを浴びることは可能です。当日の洗顔、洗髪は禁止ですが、翌日から可能になります。

手術後、まぶたの腫れがあり、また紫色に内出血する可能性があります。こうした症状は、個人差もありますがおおむね1~2週間程度で改善していきます。

手術の傷に赤みがあるうちはサングラスを着用するなどで日焼けを防止してください。赤みのあるうちに直射日光を浴びると色素が沈着してしまいます。

抜糸は約1週間後にご来院いただいて診察室で行います。抜糸の際の痛みなどはありません。アイメイクが可能になるのは抜糸後となります。

お酒やタバコは回復に支障を与える可能性があります。そのため手術後は1週間ほど控えていただいています。

眼瞼下垂の再発、矯正の不足や過剰な矯正、瞼縁不整や左右の差、閉瞼障害などの合併症が起こり、再手術が必要になる可能性があります。なお、ドライアイが起こった場合には、点眼などで改善する治療を行います。

Tel.072-807-3412 初診WEB予約